結婚式を考えるうえで押さえるべきポイントとは。

人生の伴侶となる相手がお互いの間で確認できたら、両親の了解を経ていよいよ結婚です。

その際、入籍のみで済ます人もいますが、一生にそう何度もない一大イベントですから、結婚式を挙げて大切な家族や友人の前で永遠の愛を誓いたいと思う方も多いでしょう。結婚式には大きく分けて3種類あります。まず一番多いのがチャペルウェディング。新婦は真っ白なウェディングドレスを新郎はタキシードできっちりと着て、街中やホテルの教会で神父さんに導かれて愛を誓い参列者は賛美歌を歌い祝福するといったスタイルです。

また伝統的な神前式も厳粛な雰囲気があり素敵ですね。新婦は白無垢を新郎は紋付袴を身にまとい、斎主や巫女の指示のもと式は三三九度や玉串奉奠などの独特の所作を盛り込みながら進行していきます。本来は神社で行う挙式ですが、今は式場やホテルの神殿でも挙式が可能になっており、スペースが広い所であれば友人にも参列してもらえるところもあります。そして近年多くなってきているのが人前式です。服装や格式にとらわれず、式の列席者に結婚の証人になってもらうスタイルです。

衣装や会場、式次第、宣誓文などに決まったスタイルがないため、二人のオリジナル度の高い式を実現できます。このように結婚式と言ってもスタイルが様々ありどのようなスタイルで挙げるかは二人次第の所が大きいですが、結婚は家族同士のつながりを確かめる場にもなりますので、親兄弟への事前の相談は必須です。結婚するのは二人ですが自分たちのこれまでの、これからの人生との関わりある人たちへの思いやりの心を忘れない、振り返った時に笑顔で良かったと言える結婚式を検討することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *