即日実行のファクタリングが断られるケース

subpage1

取引実績のあるファクタリング業者とは信頼関係が生まれているので即日で売掛債権を買い取ってもらいやすくなりますが、買取を拒否されるケースがあります。


それが申込者に税金や社会保険料の滞納があるケースです。
法律上税や社会保障の滞納の差し押さえは、裁判所の許可を取ることなく実行することが可能となっています。
そのため、滞納がある人はいつ銀行口座を差し押さえられてしまうかわからず、ファクタリング業者にとって事務委任契約が実行されないリスクになります。

事務委任契約は本来の取引先からの入金日に、契約によって決められた金額をファクタリング業者にそのまま送金する、2社間ファクタリングを利用したときに交わされる契約です。

即日のファクタリング情報をお教えします。

利用者に支払いの意思があったとしても、先に差し押さえられてしまっては手が出なくなるのです。



税や社会保険料の滞納がない場合は即日での買取をしてもらいやすくなるので、利用したことがあるファクタリング業者を利用したほうが良いでしょう。
また、信頼関係が強くなれば以前の買取率よりも高い割合で現金化してもらうこともできるようになるので、長い付き合いをすればするほど手数料は安くなる傾向にあります。ただし、本来の入金日まで待つことができればこうした手数料は一切かからないので、よほど資金繰りに困っているとき以外は利用しない方が良いです。
長期間利用すれば手数料がかさみ、将来的なキャッシュフローは余計に悪化してしまうからです。即日対応が難しくても数日以内に買取を実行してくれる業者は多いので、利用するメリットとデメリットをよく考えてから実行すると良いでしょう。